交通安全友達の輪
あなたは???人目の友達 
(平成18年11月~)
本試験問題1200問のデータがここにあります。

超マニア学科教室

Author:超マニア学科教室
本試験1200問の出題傾向を分析しデータを抽出。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 B

ひっかけ問題  (緊急対策ゼミ)
ステップ  B 「60.6%」
http://www.derutoko.kp 学科試験パーフェクト分析から「ひっかけ問題」に重点をおいた特別ゼミ!
1 段階「出題頻度 60.6%」  B ゼミ/内容
6交差点などの通行、踏み切り 6.48%(予想出題数 6~7 問)
7安全な速度と車間距離 4.81%(予想出題数 4~5 問)
8歩行者の保護 4.91%(予想出題数 5 問)
9安全の確認と合図、警音器の使用 3.70%(予想出題数 3~4 問)
10 進路変更など 2.04%(予想出題数 2 問)
11 追い越し 4.53%(予想出題数 4~5 問)
12 行き違い 1.02%(予想出題数 1 問)
13 運転免許制度・交通反則通告制度 4.35%(4~5 問)
ひっかけ問題とは?
「教科書とよく似た言い方で、読み間違いをさせる問題です。」

1段階 B ゼミの合格対策ポイント
「B ゼミの中心となるポイントは、“追い越し”です!」
追い越し禁止の場合と場所は、勉強しても何かと読み間違いを
させられてしまう要注意項目です。“追い越し”と“追い抜き”の違い
を区別できるようにしましょう。そして、“二重追い越し”は応用問題が・・・

おススメな理由は・・・
「ひっかけ問題とポイント解説が両開き」
使いやすい。業界初の色分け問題を読んで・・・
すぐ、ポイント解説で確認でき。
しかも、教科書で完全攻略を目指します。
① ひっかけ問題を解いてみる!
② ポイント解説で答えを確認する!
③ 教科書で調べる動作が記憶に残る!
④ 教科書で調べた答えにマーカーをする!
⑤ 問われる答えは・・・「限定される!?」
さあ、合格に必要な「仕分け」作業をやりましょう!
スポンサーサイト

2011/08/03(水) 21:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 A

ひっかけ問題  (緊急対策ゼミ)
ステップ  A 「60.6%」
http://www.derutoko.kp 学科試験パーフェクト分析から「ひっかけ問題」に重点をおいた特別ゼミ!

1 段階「出題頻度 60.6%」  A ゼミ/内容
1運転者の心得 2.96%(予想出題数 3 問)
2信号に従うこと 4.44%(予想出題数 4~5 問)
3標識・標示に従うこと 11.94%(予想出題数 12 問)
4車の通行するところ・車が通行してはいけないところ 6.11%(予想出題数 6 問)
5緊急自動車の優先 3.33%(予想出題数 3 問)
ひっかけ問題とは?
「教科書とよく似た言い方で、読み間違いをさせる問題です。」
この点に注意をして、ゆっくり考えながら問題を読む練習をしてください。

1段階 A ゼミの合格対策ポイント
「A ゼミの中心となるポイントは、“標識・標示”です!」
本試験全体の中で 10%以上の出題頻度!覚えにくいので、「ほどほどに」
なんて対策していたら大変なことになります。必ず、各教習項目で出題され
てた「標識と標示」は、チェック(正確に暗記)しておきましょう!


おススメな理由は・・・
「ひっかけ問題とポイント解説が両開き」
使いやすい。業界初の色分け問題を読んで・・・
すぐ、ポイント解説で確認でき。
しかも、教科書で完全攻略を目指します。
① ひっかけ問題を解いてみる!
② ポイント解説で答えを確認する!
③ 教科書で調べる動作が記憶に残る!
④ 教科書で調べた答えにマーカーをする!
⑤ 問われる答えは・・・「限定される!?」
さあ、合格に必要な「仕分け」作業をやりましょう!

2011/08/03(水) 12:39 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 

¶メッセージ
まず、学科試験のことを知ること。合格に向かう方向を間違うと大変なことに・・・。
あなたの合格の80%を決める重要な20%のポイントがあり。
合格に近づく「重要な暗号」として、必要なアイテム。

知らなかったでは、手遅れになる。…学科試験の背景

現在、全国運転免許保有者は約6700万人に達し、これからも増加傾向にあります。免許取得者の高齢化が進むこともあり交通事故も増加することが予想され、これから、交通社会に入られる方にとっては、益々運転免許試験は難しくなっていくことは、必須だと考えられます。

警察は合格者を増やしたくない?

学科試験を行う警察は、交通事故を防止することを目的にし、事故を起こさない知識があるかどうかを学科試験で選別しています。少し乱暴ですが、警察は運転免許取得者がいなければ交通事故がなくなると考えていても良いでしょう。交通事故を起こす運転者は、初心運転者が運転経験3年以上の人と比べて3倍も高いことから、初めて免許を受ける人をカンタンに合格させることはしません。 では、学科試験で出題される内容とは?主に交通事故の原因になっていることや交通違反の多いことなどが細かく出題されています。学科試験を受けて不合格だったとき、どこを間違えたのだろう?と思うのは、警察が意図する合否を分けるポイントを知らずに細かく勉強できていない結果です。

3人に1人は不合格

あなたの勉強したところが、警察の求める合否を分ける知識と違った場合は、すでに不合格になる確率は高くなっています。学科試験の勉強方法で、不安のある人はたくさんいます。現在、本試験場の合格率は約30~40%です。最悪3人に1人は不合格になっています。合格ラインが90点以上ということからも、カンタンに合格させないことを意味しています。

*問題点

問題集を解くだけでは合否をわける重要点がわからない。 その結果、不合格になったとき「どこを間違えたのかわからない・・・」

ひっかけられるポイントは、教科書で読み飛ばす”小さなところ”です。


2011/08/03(水) 12:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
業界初!本試験分析データ デルトコJP事業組合
90%以上はなんでだろう? 合格率はどれくらいかなあ? どんな準備しているのかなあ? 普通にしてたら合格するだろう!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。