交通安全友達の輪
あなたは???人目の友達 
(平成18年11月~)
本試験問題1200問のデータがここにあります。

超マニア学科教室

Author:超マニア学科教室
本試験1200問の出題傾向を分析しデータを抽出。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
問題⑦-4

『横断歩道の手前に差し掛かったときに、横断する歩行者や自転車がいるか、いないか明らかでないときは横断歩道の手前で一時停止しなければならない
答え⑦-4

×
理由:横断歩道や自転車横断帯に近づいたとき、横断する歩行者や自転車がいるか、いないか明らかでないときは、横断歩道や自転車横断帯の手前で、停止できるように速度を落として進まなければならない。

□ 横断歩道、歩道に関する対応の仕方
横断歩道を通過するとき、横断をしようとする歩行者が「いないことが明らかなとき」、「いるかいないか明らかでないとき」、「歩行者がいるとき」の速度を表わす言葉がよく問われています。
「いないことが明らかなとき」は、そのまま進めます。
「いるかいないか明らかでないとき」は、停止できるような速度で進みます。
「歩行者がいるとき」は、一時停止します。
スポンサーサイト

2007/06/15(金) 16:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


業界初!本試験分析データ デルトコJP事業組合
90%以上はなんでだろう? 合格率はどれくらいかなあ? どんな準備しているのかなあ? 普通にしてたら合格するだろう!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。