交通安全友達の輪
あなたは???人目の友達 
(平成18年11月~)
本試験問題1200問のデータがここにあります。

超マニア学科教室

Author:超マニア学科教室
本試験1200問の出題傾向を分析しデータを抽出。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
今日は、学科試験対策ゼミ
内容は『安全の確認と合図、警音器の使用』です。

要点
≪安全確認の方法
≪合図を行なう場所と方法
≪必要以外の合図の禁止
≪警音器を使用する場合
≪警音器の使用制限
この項目で重要な知識としては・・・
警音器の使用方法について
標識があるところでは、見通しが良くても、必ず警音器を鳴らさなければ鳴らない
②警笛区間の標識があるところでは、警音器を鳴らし続けなくて良い。
  *見通しのきかない交差点
  *見通しのきかない曲がり角
  *見通しのきかない上り坂の頂上
③標識以外のところでは、警音器を鳴らしてはいけない。

合図の方法
①同一方向に進行中、進路を左右に変える合図の時期は、3秒前に行なう。
②後退の合図は、法令で定められている。
③停止や徐行、後退をしようとする場合は、3秒前ではなく、停止や徐行、後退しようとしたときである

進路変更の方法
①進路変更をするとき、バックミラーで確認すれば直接目視で、後方の確認はしなくてよいことはない
スポンサーサイト

2007/10/11(木) 11:51 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


業界初!本試験分析データ デルトコJP事業組合
90%以上はなんでだろう? 合格率はどれくらいかなあ? どんな準備しているのかなあ? 普通にしてたら合格するだろう!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。